レビュー

Manalta Lia-神話の終わりの魔術師- レビュー感想

空飛ぶ船を目指し消息を絶った父を捜す、ポストアポカリプスものの中編RPG。本作はどこか懐かしいRPGな一方で、作者はADVや物書きの心得があり、物語は一筋縄では終わらな...
レビュー

ココロインサイド レビュー感想

人の心の中に入り込めるアプリ、ココロインサイド。それを駆使して街のトラブル、そして怪奇現象を解決していく、学生たちの物語。そしてゲーム的には、ホラー要素のあるRPGだ。...
レビュー

細胞神曲 レビュー感想

フリーADV史上、最も骨太のストーリー、そして最も難解な設定。細胞神曲はそんな型破りなスケール感を放つ異色の傑作だった。未だ完結の兆しは見えず、膨大な考察の余地が今もプ...
レビュー

アンティーク・ワンダーランド レビュー感想

父親を亡くした記憶喪失の少女アーリィ。訳あって魔道具と話せるというラビに拾われ、イギリスの魔道具骨董屋で働くことに。だが物語は予想だにしない展開へと大きく二転三転し始め...
レビュー

アンフェールの箱庭 レビュー感想

本作はよくあるホラーゲームのようで、ある変化球が仕込まれてる。それは前半と後半でゲーム性が大きく異なることだ。具体的には前半は探索ホラーだけど、後半に入るとデスゲームが...
レビュー

Buddy Collection レビュー感想

とある高校の探偵科の生徒となって事件を解決していく推理ゲーム。霊的なホラー要素は一切ないが、一方で現実離れした設定や奇抜な事件といった要素は多い。総じて良質なエンタメを...
レビュー

星に駆ける レビュー感想

英題が「To the Stars」なことからも分かる通り、本作は『To the Moon』のリスペクト作品。といっても一部を除いてほぼ別物で、あえていえばフリーホラー版...
レビュー

明命 レビュー感想

人間の住む此岸と妖の住む彼岸を舞台に、二つの組織が対立するサイバーパンクADV。少し前にレビューした『夜一の復讐譚』のように、倒すべき敵と戦う非ホラーゲームだ。とはいえ...
レビュー

LostDragonWorld レビュー感想

人間とドラゴンという二つの知的種族が存在する世界。その中の異なる地域と時代を舞台にしたRPGシリーズ。当サイトで取り上げるゲームとしては珍しく、清々しいくらい闇のない、...
レビュー

8番出口 レビュー感想

「異変を見逃さないこと」「異変を見つけたら、すぐに引き返すこと」「異変が見つからなかったら、引き返さないこと」「8番出口から外に出ること」やることはたったこれだけの3D...
レビュー

楽園破壊 レビュー感想

これまでZENOなどのADVで人気を博してきた作者が、今回はなんと長編RPGを世に出した。内容は王道とはまるでかけ離れた、しかしフリーゲームではお馴染みのメルヘンRPG...
レビュー

カイタイスイリ レビュー感想

怪奇現象には必ずタネが存在する。そんな信条を持つ主人公の白鳥と、助手の日菜が繰り広げる、王道オカルトミステリー。聞き込みで得た情報をもとに、真実を解き明かせ。連載もので...
まとめ

翻訳したゲームまとめ

実は最近海外のゲームを自分で翻訳してプレイしてます。といっても普段は機械翻訳してプレイするだけ。しかし中にはおすすめしたい良作に出会うこともあり、それらは手動で翻訳して...
レビュー

玻璃の鏡像は嘘を吐く レビュー感想

宇宙船のテロから逃れ、避難船に乗り合わせた見ず知らずの6人。だが機器のエラーで6人全員の身体がシャッフルされてしまう。そして皆の身体がシャッフルされた状態で、殺人事件が...
レビュー

夜一の復讐譚 レビュー感想

日常を壊された兄弟の復讐劇が描かれるアクションADV。この手のジャンルとしては珍しくホラー要素はほぼなく、出てくる化け物もあくまで倒すべき敵。どちらかというとサスペンス...
レビュー

夏と蛍 レビュー感想

今回取り上げるゲームは、ジャンルこそミステリーだが、殺人事件は起こらないし犯人もいない。代わりにいるのは、自ら命を絶つことが予知された5人のクラスメイトたち。本作は近い...
レビュー

Methods: 探偵コンテスト レビュー感想

100人の探偵に100人の犯罪者、そして100章のストーリー。誰もが一度は妄想するようなゲームが、実際に登場してしまった。その規格外さゆえにジャンルも表現しがたいが、あ...
レビュー

夕空に落ちた君へ レビュー感想

ある日、少女が村外れの山崖から転落して命を落とす。それから3年後、残されたクラスメイトは協力して彼女の死の真相を探ることに。紹介文には明記されてないが、本作はミステリー...
レビュー

ロンリークエスト レビュー感想

『オカルトノート』などを手掛けるウディコン常連の作者。……のバカゲーを今回はレビューしてみる。最近はホラーを中心に制作してるけど、何だかんだで内容が一番尖ってるのは本作...
レビュー

SHADOW レビュー感想

やばすぎる学校が舞台のサスペンスADV。個人的には『GTO』を彷彿とさせられたが、一つだけ大きく異なる点がある。それは主人公として生徒と戦う人物が教師ではなく生徒なとこ...